ワクチン製造問題や治療薬でインフルエンザ予防と加湿器

インフルエンザの予防をするということはその大流行を防ぐために重要なことであり、社会的な取り組みも必要ですが、個人が意識して取り組むことも不可欠です。インフルエンザ予防のために個人ができる確実性の高い対策としてあげられるものには二つあります。一つがワクチンを使用して予防接種を行うというものであり、実際に多くの人が時期になると医療機関を訪れて予防接種を行っています。毎年流行するインフルエンザウイルスの種類が予想されて製造が行われており、製造された以上に需要があって予防接種を受けられない人もいるほどに人気があります。もう一つが抗インフルエンザ薬の予防投与であり、予防目的で使用している期間はほとんど感染するリスクがなくなります。しかし、抗インフルエンザ薬の製造が追いつかなくなるリスクがあることや、制度上予防医療は保険適用されないのが原則であるため、全額を自己負担しなければならないというデメリットがあります。こういった状況があることから必ずしも薬やワクチンに手が届かないこともあるため、薬やワクチンに頼らない予防を行っていくということも重要になります。手洗いうがいの励行に加えて有効性が期待できるのが加湿器の使用です。人が集まっているところでは感染リスクが高いのが事実であり、その環境を感染が起こりにくいようにするということが有効と期待されます。加湿器によって適度な湿度を保つことにより、感染経路として主になる喉が乾燥状態になりにくくなるでしょう。喉の粘膜が保護されることによってインフルエンザウイルスが体内に侵入しづらくなるでしょう。加湿器を用いることでウイルスの生存時間も短くなることが期待できるため、加湿器の使用は予防効果があると期待することができる方法なのです。